ブランクあり看護師の復帰をサポートするサービスとは?

看護師として復帰したい。でも、悩みは尽きません・・・

ブランクあり看護師の復職

 

看護師として復帰・復職したいけど・・・
結婚・出産・育児等の理由で、数年のブランクをお持ちの看護師の方が、再度、看護師として復帰・復職したいとお考えの方が多いようです。

 

例えば、

■やっと、子供に手がかからなくなりそうなので・・・
■専業主婦〇〇年。諸般の事情で看護師に復帰したい・・・
■病院を退職したけど、もう一度、看護師という仕事にチャレンジしたい・・・

など。

 

とはいっても、数年のブランクを抱えた方看護師の方には、当然、不安や悩みが絶えません。

■そもそも、ブランクのある自分に、看護師としての仕事が見つかるのだろうか?
■看護師への復帰が不安。最新の医療技術やサービス、法改正等についていけるか?
■家庭の事情で、勤務時間や勤務地にこだわりが・・・
他にも、復帰の際に研修をしっかり受けたいとか、病院以外の職場も広く検討してみたいなど。

 

ブランクあり看護師の復職

 

 

今、看護師が足りない!

改めて言及する必要もありませんが、現在、慢性的な看護師不足に陥っています。特に大都市圏・首都圏では、その傾向が強いようです。

■看護師の仕事はとてもハード。特に、ちょっとした規模の病院の病棟勤務となると、勤務のシフト制で勤務時間が不規則。それにプレッシャーも大きくかかりますので、精神的なストレスも相当なもの。離職率が結構高いというのは、ご存知のことでしょう。

 

■高齢化社会を迎えた日本。高齢者の医療が在宅へとシフトしている現状を見てみると、訪問看護師というお仕事にも、看護師の活躍が期待されています。

このような事情から、現在、看護師は不足気味なのです。

 

ブランクあり看護師の復職

 

 

復職のための準備

看護師として数年のブランクがある訳ですから、当然、そのギャップを埋めるための勉強をする必要があります。
看護学校で学んだことの復習も必要です。最新医療の現状や動向、法改正等についての知識も必要です。幸いなことに、今なら「ネット」を上手く活用すれば、ある程度の勉強をすることが出来ます。とはいっても、一人で習得するには効率が悪いですし限界もあります。

 

そこで、上手く活用したいのが、「復職支援プログラム」。

 

大手の病院が、看護師の需要を引っ張っていると言っても過言ではありません。従って、ブランクのある看護師の方の復職に対する理解も強く、「復職支援プログラム」や「研修制度」、そしてお子様のための保育園等の施設を充実させたりと、しっかりとサポートしてくれるところも増えてきているので、復職後も働きやすくなってきています。

 

ブランクあり看護師の復職

 

 

上手く活用したい「看護師求人・転職支援サービス」

ただ、家庭や家族との両立も考えなければならないため、勤務地や勤務時間、収入、勤務形態等、希望条件にもこだわりのある方が多いことでしょう。
それ程深く考えずに就職してしまったあと、「こんなはずではなかった」と後悔することの無いよう、転職活動はしっかりと行いたいものです。

 

そこで活用したいのが、「看護師求人・転職支援サービス」。

 

このサービスを提供する会社の看護師専任キャリア・コンサルタントに相談すれば、上記の「復職支援プログラム」や「研修制度」を実施している求人先、保育園等の福利厚生施設の有無の情報も簡単に分かりますし、個人では入手不可能な非公開情報も入手できるなど、看護師復帰への活動の視野が大きく広がることが期待できます。

 

また、転職にはつきものの履歴書や面接。ここでもキャリア・コンサルタントが、履歴書の書き方、面接のポイント等についてもアドバイスしてくれます。

 

就職先の希望条件をキャリア・コンサルタントに伝えて、職場探しはお任せ!あなたは、勉強に専念する!
このように、効率的な転職活動が期待できますよ!

 

 

看護師への復帰を目指す方への、おススメの【看護師求人・転職支援サービス】!

看護師への復帰を目指される方への、おススメの【看護師求人・転職支援サービス】です。

 

下記3つのどのザービスとも、登録・ご利用はすべて無料です。
複数ご利用いただくことも可能です。しかも、すべて無料です。

無料で利用できる理由:
あまりにも有難いサービスが無料であることに、本当に?と疑いを持たれる方も多いことでしょう。
ここでご紹介している「看護師求人・転職支援サービス」は、いわゆる人材紹介会社が提供しているサービスです。
このサービスに登録し病院等を紹介してもらっても、求職者であるあなたが、手数料や利用料等の費用を支払う必要はありません。
転職先が決まって一定期間就業すると、その転職先の病院等がその人材紹介会社に、成功報酬を支払うようになっているからです。

ご注意:下記サイトへの登録は、看護師の資格保有者(正看護師・准看護師)の方のみとさせて頂きます。

ナース人材バンク

東証一部上場企業が運営する、安心の看護師復帰・転職支援サービス。

 

日本では一番よく知られたサービス!

 

■年間利用者数が10万人を超える、国内最大級の復帰・転職支援サービス。

 

全国対応だから、お住まいの地域の看護師の方の転職を支援。

 

■さらに詳しい情報は、こちら。ご登録は、こちら

 

 

リクルートのナースフル

リクルートの無料看護師転職支援サービス「ナースフル」

■「とらばーゆ」「タウンワーク」「リクナビ」等で、年間100万人以上の転職を支援しているリクルートの、看護師専門の無料転職支援サービスです。

 

■長年の転職支援サービスで培われてきた経験・実績、そしてノウハウが豊富

 

■高給与、好条件の病院常勤求人が豊富(首都圏/関西/東海/九州にてサービスを提供)

 

■ご主人の異動等で転勤された場合でも、しっかりサポートしてくれます!

 

■さらに詳しい情報は、こちら。ご登録は、こちら

 

 

看護のお仕事

■「サービス満足度」「コンサルタントの対応満足度」「友達に勧めたいランキング」で、いずれもNo.1の評価を獲得!

 

■24時間の電話対応など、評価の高い、専門コンサルタントの素早い・丁寧な対応

 

転職を無理に勧めることはありません。

 

■転職支援金最大12万円プレゼント。

 

■さらに詳しい情報は、こちら。ご登録は、こちら

 

 

 

他の復帰・転職方法と比較してみました。

まだよく分からないという方のために、一般的な看護師への復帰活動、転職活動の方法を比較してみました。

 

転職の方法

長所

短所

自分で直接応募する 看護師としての転職先の病院が決まっている場合は、時間のロスが少ないので、一番効率的と言えるでしょう。 当然、報酬・勤務条件等の交渉全てを、看護師あなた自身で行なう必要があります。労力と手間がかかります。
求人情報等のサイトで探す 看護師の求人を検索しやすい 実際の職場の情報は、分かりずらい
ハローワークを利用する 公的機関経由の紹介なので、安心 活動のたびに、ハローワークまで出向く必要があり、手間がかかり面倒。
友人や知人からの紹介 詳しい求人情報が入手出来るので、活動もスムーズに進められる 転職先が限定される恐れがある。また、転職後にうまくいかなくなってしまった場合、辞め辛い。

 

 

では、「求人・転職支援サービス」を利用する方法はどうでしょうか。

 

 

 

長所

  • 専任のコンサルタントがつき、希望条件等を伝えるだけで看護師のあなたに代わって仕事を探してくれる。これは、復帰活動や転職活動が思うように出来ない方にとっては、強い味方!
  • 近くにお住まいの医療機関等の非公開の求人情報も紹介してもらえるので、活動に幅が出てくる。
  • 復職・再就職のノウハウ、例えば履歴書の書き方、面接の仕方等のアドバイスももらえる。
  • 看護師のあなたに代わって、応募や面接の調整をしてもらえる。
  • 病院等との条件(例えば報酬など)、中々聞きづらいことも確認してもらえる。
  • しかも、登録や利用は、無料!

 

短所

  • 看護師のあなたと、専任コンサルタントとの相性がどうかが、事前にはわからない。

があげられます。

 

 

上記の求人・転職支援サービスの欠点である、専任のコンサルタントとの相性。
こればかりは、担当が決まって、あなたと実際にやり取りをやってみないとわかりません。

 

この短所を補うには、下記の「求人・転職支援サービス」をいくつか利用してみると良いでしょう。

 

事前に複数のサービスに登録して、様子を見ましょう。複数利用しても、料金は無料です。

 

また、複数のサービスに登録することによって、求人に関する情報の入手幅が広がる可能性だってあります。
短所を長所に変えることができれば、よりスムーズな活動が期待できますね。

 

以上をまとめてみると・・・

ブランクあり看護師の職場復帰

 

結婚、出産、育児等で退職した看護師の方が、ブランクを経て再度職場復帰をしようと考えた時、色々な不安が付きまといます。

 

例えば、
◇ブランクがあるけど、ちゃんと復帰先を見つけることが出来るか?
◇医療技術やサービスの進歩は目覚ましく、数年のブランクとは言えども、復帰してもついていけるかどうか心配。
◇復帰後に家庭との両立は可能か?

 

世に中には、この様な不安を抱えた看護師の方の相談にのり、職場復帰のお手伝いをしてくれる「看護師求人・転職支援サービス」があります。
そして、このサービスを展開している会社には、専任のコンサルタントがおり、看護師への職場復帰活動を全面的にサポートしてくれます。しかも、転職活動にあたって、求人の非公開情報や病院以外の情報を紹介してくれるほか、履歴書の書き方、面接のアドバイス等のサポートもやってくれます。しかも、このサービスへの登録や利用は無料!利用しな手は無いですよね。

 

ブランクをお持ちの看護師の方が復帰をお考えなら、是非、この「看護師求人・転職支援サービス」の利用をおススメします。

 

活躍の場が広がる看護師のお仕事

看護師の職場としてまず思い浮かぶのが、「病院」。
しかし病院と一言で言っても、規模や機能を考えると、色々な病院があります。そして、その病院の選び方によって、仕事の内容や職場の雰囲気、一緒に働く仲間も大きく変わります。

 

とは言っても、高齢化社会がどんどん進んでいる日本の現状を考えると、看護師が働く職場は、何も病院だけとは限らなくなってきました。
(しかも、ブランクをお持ちの看護師の方にとっては、大病院に復帰しようと思うと、ブランク期間中の医療技術の進歩や法改正等についていけるかどうかの不安が付きまとってしまいます。)

 

では、病院以外に、どのような職場があるかと言うと、
例えば、訪問看護師
高齢者の医療が在宅へとシフトしている現状を見てみると、訪問看護師というお仕事も今、非常に注目されています。
訪問看護ステーション」の場合の管理者は看護師になるわけですから、将来独立したいとお考えの方にとっては、目の離せないお仕事です。

 

 

 

また、最近増えてきているのが、老人ホーム介護施設
最近、特に多くなってきたなという感じがしますが、このような施設にとって重要なのが、他の施設とはここが違うと謳える差別化のポイント。
看護力を売りにしたい!」と、看護師の採用を積極的に考えている施設も増えてきているようです。

 

 

ちょっと驚きなのが、一般企業
一般企業の中でも、看護師を募集しているところが増えてきているようです。
その背景にあるのが、はやり、必ず訪れてくるであろう「高齢化社会」。これからの高齢化社会をにらんで、医療・介護分野の商品やサービスを開発したり開拓していこうと考えている企業が多くなってきています。そのような会社にとって、医療に詳しく看護の経験がある看護師は、とても重要な存在なんですね。

 

 

他にも、募集件数は少なくなると思われますが、地域住民の公衆衛生を支える保健所という職場もあります。保健師だけではなく、看護師の募集を行っているところもあるようです。

 

 

また子供が好きなら、保育園幼稚園で看護師を募集しているところもあるようですね。
具合の悪い子ども達のケアや応急処置などを行います。ただ、医療機関ではないので、看護師としてできることは限られてしまいますが、夜勤や休日出勤がないため、働きやすい職場といえるかもしれません。

 

 

この様に、看護師として活躍できる職場は病院だけではありません。ブランクありの看護師の方にとっても、まだまだチャンスはありそうですよ。

 

お住まいの地域の近いところにご希望の施設やお仕事があるかどうかは、上記の「看護師求人・転職サービス」にコンタクトして相談してみる、というのもいいのではないでしょうか。

 

 

看護師さんの市場動向事情