看護師の新しい資格を取得して、阿多rしい仕事に挑戦していきましょう。

看護師の新しい資格・仕事

看護師は、単に看護という患者のケアやサポートを行うだけでなく、医師や様々なコメディカルを、チームとして全体をまとめ上げ、患者及び来訪者の尊厳や権利に配慮しながらQOLの向上に向け、その援助を行っていくことも期待されています。

 

つまり、看護師のコーディネーター、カウンセラー、セラピストと言った、調整・相談援助といった看護師の「つなぐ力」を発揮しながら、より専門的な役割を果たしていくことも期待されています。

 

 

この看護師の活躍の場を広げる注目の資格には、
・遺伝カウンセラー
・臨床研究コーディネーター
・医療コーディネーター
・リンパ浮腫セラピスト
・チャイルドライフ・スペシャリスト
・移植コーディネーター
・医療メディエーター
・トリアージナース
・退院調整看護師
などがありますが、各資格の詳細は、専門のサイトをご参照ください。

 

 

以下、「退院調整看護師」という資格の概要について、紹介しておきます。

 

最近の医療機関では、手術を行った後は、「一日でも早く退院を!」という入院期間短縮の流れが加速しつつあります。そうなると、入院中・退院時・退院後の断絶することのないスムーズな患者のケアが重要になってきます。

 

この様な患者支援を行うためには、院内の外来看護師、病棟看護師、地域連携室との連携に留まらず、院外の地域診療、看護に携わる診療所、あるいは訪問看護ステーションなどとの緊密な連携を取っていく必要があり、このネットワークを維持する要ともいえるのが、「退院調整看護師」ということになります。

 

 

 

「退院調整看護師」という資格以外にも、上記のようなコーディネーター資格がありますが、このような資格を有していくことで、看護師の活躍の場が益々広がります。そして同時に、看護師の役割も益々重要になっていくのです。

 

 

ブランクあり看護師復帰へ戻る

 

 

 

看護師の新しい資格

看護師の新しい資格を取得して、新しい仕事に挑戦していきましょう。関連ページ

認定看護師
認定看護師とは、「看護の特定分野において、熟練した看護分野と知識を用いて水準の高い看護実践の出来る看護師」を養成する目的で、1997年に生まれた資格制度です。
専門看護師
看護師のキャリアップの一つに、日本看護師協会による「専門看護師」の資格制度を取得するというのがあります。その概要をご紹介します。
認定看護管理者
認定看護管理者とは、看護スペシャリストを含む看護チーム全体の力を活用してマネージメントできる、つまり、看護業務のみならず最善の医療を提供していくうえでのキーとなる管理者です。
訪問看護ステーションの開業
訪問看護ステーションは、医療法人である必要はなく、事業者指定を受けることが出来れば、株式会社という営利法人でも良いのです。看護師自らが高い志をもっていれば、訪問看護ステーションを設立出来ます。