専門看護師になる

専門看護師

専門看護師は、「分野別により、専門性の高い看護を提供する」ために、日本看護協会によってつくられた資格制度です。

 

専門看護師に求められる役割としては、以下の6つがあります。
1.役割
個人、家族、および集団に対して卓越した看護を実践する

 

2.相談
看護者を含むケア提供者に対してコンサルテーションを行う

 

3.調整
必要なケアが円滑に行われるために、保険医療福祉に携わる人々の間のコーディネーションを行う。

 

4.倫理調整
人、家族及び集団の権利を守るために、倫理的な問題や葛藤の解決をはかる。

 

5.教育
看護者に対しケアを向上させるため教育的役割を果たす。

 

6.研究
専門知識及び技術の向上並びに開発をはかるために実践の場における研究活動を行う。

 

 

2012年7月現在、専門看護師には、以下の11の分野があります。
・がん看護
・精神看護
・地域看護
・老人看護
・小児看護
・母性看護
・慢性疾患看護
・急性・重症患者看護
・感染症看護
・家族支援
・在宅看護

 

 

専門看護師の資格を取得するためには、日本国の看護師の免許を有すること以外にも、幾つかの条件があります。

 

それらの条件を満たした看護師の方が、
一次審査:書類審査、
二次審査:看護実績報告書、筆記試験(論述式)
を受ける必要があります。

 

 

専門看護師になるための詳細は、日本看護協会の「審査に関するご案内 専門看護師」に記載されていますので、ご参照ください。

 

 

ブランクあり看護師復帰TOPへ戻る

 

 

専門看護師の資格を取る

専門看護師の概要関連ページ

認定看護師
認定看護師とは、「看護の特定分野において、熟練した看護分野と知識を用いて水準の高い看護実践の出来る看護師」を養成する目的で、1997年に生まれた資格制度です。
認定看護管理者
認定看護管理者とは、看護スペシャリストを含む看護チーム全体の力を活用してマネージメントできる、つまり、看護業務のみならず最善の医療を提供していくうえでのキーとなる管理者です。
看護師の新しい資格
看護師の新しい資格を有していくことで、看護師の活躍の場が益々広がります。そして同時に、看護師の役割も益々重要になっていくのです。
訪問看護ステーションの開業
訪問看護ステーションは、医療法人である必要はなく、事業者指定を受けることが出来れば、株式会社という営利法人でも良いのです。看護師自らが高い志をもっていれば、訪問看護ステーションを設立出来ます。