ブランクあり看護師の職場復帰を成功させるためのコツ!

ブランクあり看護師の職場復帰を成功させるためのコツ!記事一覧

復職を考えるブランクあり看護師の力強い味方、看護協会。

数年のブランクを持つ看護師にとって、復職には、不安や悩みがつきもの。看護協会では、このような潜在看護師の力になれるよう、様々なサポートを行っています。是非、参考にしてみてください。結婚・出産・育児といった事情等で、少なくとも数年間のブランクをお持ちの看護師の方々。何とか復職したいとお考えの方も多いこ...

≫続きを読む

 

復職や転職時の看護師求人情報の収集方法

看護師としての復帰や転職を考えている方にとって、どのような情報収集の方法があるか、納得のいく転職先を見つける方法はないか、他の人はどうやって情報を集めているのかは、とても気になるところです。この転職情報の入手方法には色々ありますが、やはり一番多いのが、「インターネットの利用」。この「インターネットの...

≫続きを読む

 

ブランクのある看護師が職場復帰した時の給料

国家資格の中でも医療に従事する看護師は、一般企業のように中途入職の場合でも、給料の差が新卒採用者と大きく開くことは比較的少なくなっています。これは、看護師が慢性的に人材不足であることや、専門性の高い仕事であることが理由といえるでしょう。特に看護師の世界でもその需要が都市部に集中しやすいため、都会の大...

≫続きを読む

 

看護師求人サイトを利用して、復帰先を見つける!

今、一般のサラリーマンやOLの方が、転職活動の際に活用しているのが、「転職サイト」と呼ばれるサイト。自宅にあるパソコンやスマホ等を利用して簡単にアクセスできますので、時間や場所に制限されることなく、いつでもどこからでもこの転職サイトにアクセスして、必要な情報が入手できます。看護師として復帰や転職をお...

≫続きを読む

 

看護師の転職。ハローワークを利用する

仕事を探すとき、誰でも真っ先に思い浮かべるのがハローワークの活用ではないでしょうか。国の厚生労働省が運営しているため、充実した機能を持っているのがハローワークの良さです。看護師が転職するとき、ハローワークを通して内定を得た人も今でも相当数存在しています。特に、ハローワークの求人情報をインターネット検...

≫続きを読む

 

看護師の職場復帰。人材派遣会社及びそのサイトを活用する。

人材の波は、病院の看護の現場にも押し寄せています。看護師などの医療従事者向けの人材派遣会社も登場しているので、正規雇用よりも派遣での勤務を希望する人にぴったりです。看護師の側が派遣勤務を望むのは、パート勤務より高めの給与がもらいながら契約期間が決められている自由度にあります。一方、病院側も期間限定の...

≫続きを読む

 

看護師求人・転職サービスサイトを活用する。

看護師を中心として、医療職の転職サイトが数多く見られるようになりました。とくりわけ看護師求人・転職サイトは、大手が運営するものから独自カラーを持った中小規模の運営まで、多彩です。まず、看護師求人・転職サイトの登録は、複数するのが主流となっています。それぞれの看護師求人・転職サイトの求人検索をしてみる...

≫続きを読む

 

看護師求人・転職サービス会社の専任コンサルタントとの付き合い方

TOPページでもご紹介したように、看護師求人・転職サービスを提供する会社と、あなたとの接点は、専任のコンサルタントになります。求職者としてのあなたの要望を把握し、ご希望に相応しい転職先を紹介することが、専任コンサルタントの使命とも言えます。転職活動は、看護学校卒業時の入職活動と同じで、履歴書の提出、...

≫続きを読む

 

ブランクあり看護師の職場復帰:面接のポイント

看護師に限った話ではありませんが、復職や転職の活動で最大のキモと言えるのが、「面接」。看護師の場合、筆記試験を実施しない病院はあっても、面接は必ず実施されます。しかも、一次面接、二次面接といった具合に複数回実施されるのが普通で、看護部長や人事担当者の方と面接を行うことになります。この面接の中で是非ア...

≫続きを読む

 

看護師の転職で求められる人材は、3年以上の経験者

ブランクがあってこれから看護師に復帰しようとお考えの方にも、ある程度、参考にはなると思いますので、ご参考までに下記の記事をご覧ください。既にご存知とは思いますが、看護師を募集している病院は増えてきています。とても新卒の看護師の採用だけでは看護師不足を補いきれないため、一度退職されて看護師として復帰を...

≫続きを読む

 

看護師の再就職と研修制度

最近、看護師不足を解消する対策の一つとして、看護師国家資格を保有している人への復職支援セミナーが盛んに開催されています。資格を持ちながら看護師として働いていない人を、潜在看護師と呼ぶこともあります。なかには、新卒のまま一度も看護師として働かなかったケースも含めることがあります。とくに一度は看護師とし...

≫続きを読む

 

看護師と言う職業の将来

職業としての看護師を考えれば、病気やケガで治療が必要な患者様がいなくならない限り、病院や看護師がという存在がなくなることは決してありません。つまり、看護師ほど将来にわたって需要があり必要とされる職業はレアだといえます。全国的に、看護師の不足は深刻な社会問題となっています。看護養成校も増加したり、一度...

≫続きを読む

 

看護師が働く環境について

看護師の働く環境は、いろいろな面でハードであることに違いありません。息をつく暇もないほど仕事に追われるだけでなく、看護師長や同僚との関係、医師とのコミュニケーションなど、人間力が問われる現場でもあります。看護業務そのもので考えても、看護師免許を持っているからといってどの職場でも対応できるのではなく、...

≫続きを読む

 

看護師の病院以外の職場について

看護師のの働く場所も多様化が進んでいます。看護師といえば病院、なかでも入院病棟での勤務がイメージの強い職業ですが、働き続けるのが厳しいのが看護の現場であるのもまた事実です。そんななか、転職先だけでなく新人ナースであっても、病院以外の職場を選ぶ人が増えています。たしかに、看護学校を卒業後は、一度病院勤...

≫続きを読む

 

看護師の復職に向けて、「あれをやっておけばよかった」とは?

産休や育児休暇もそろそろ終わり、いよいよ職場復帰を迎えようとしている方が、スムーズに職場に復帰でしるよう、色々と事前準備を行う方も多いようです。ここでは、先輩方が「あれをやっておけばよかった」という声の中で多かった、3つのパターンをご紹介したいと思います。1.資格の勉強をする復職前にやっておけばよか...

≫続きを読む

 

埼玉県の看護師事情

日本看護協会の看護師統計資料によると、2008年10月1日現在(ちょっと古いですが)の埼玉県の看護師の数は、33,033人。准看護師の数は、16,181人で、両者を合わせると49,214人。これを人口10万人あたりの看護師数(人口10万対比)に換算すると、691.9人となって、この数値は、残念ながら...

≫続きを読む

 

神奈川県の看護師事情

神奈川県の看護師不足は全国でも最低レベルと言われています。神奈川県の就業看護職員の実人数は、平成22年で66,676人(看護師:51,503人、准看護師:11,335人、保健師・助産師:3,838人)。神奈川県の人口を約905万人とすると、人口10万人に対する看護師数は736.8人となり、全国でも最...

≫続きを読む

 

看護師の復職に向けての勉強--資格取得や復帰に向けて

看護師が復職を考える時に大きな悩みとなるのが、「現場に戻っても、過去に働いていたときの知識や技術、経験がどこまで通用するのか」、ということです。看護技術や医療の世界は、目まぐるしく変動するため、現役の看護師でも日夜新しい知識や技術の習得が不可欠とされています。半年、一年はまだしも、結婚や育児などで数...

≫続きを読む

 

看護師の復職後の「困った!」--夜勤や残業は避けたい

看護師に復職後、想像以上に夜勤や残業が発生する場合があります。夜勤は、病棟勤務の看護師ならついて回る問題ですが、残業は職場環境に左右されることも多いものです。こうした夜勤や残業の問題をクリアにしておかなれければ、せっかく看護師に復職しても、また退職せざるを得ない状況に追い込まれてしまいます。特に、救...

≫続きを読む

 

看護師の辛い夜勤を乗り切る方法

どんなに不安になっても、定期的に訪れるのが夜勤日です。看護師としてうまく仕事をしていけるかどうかは、夜勤とのつきあいかたが大きくものをいいます。どんなに若くても、がむしゃらに夜勤を続ければ、心身共に疲れ果ててしまいます。一方、年齢を重ねていくと、看護スキルやメンタル面では強みを持っても、単に体力勝負...

≫続きを読む

 

看護師の育児休暇中の、「あれをしておけばよかった」その1

ハードな業務が日夜押し寄せる看護師にとって、育児休暇中に、復帰後の看護師生活を見据えながら準備しておくことが、とても重要になります。とくに育児休暇も終わりが近づくと、復帰の不安を旨に募らせるナースも少なくありません。まず、家庭を復帰後の体制に近づけていくようにしましょう。夫や家族に合わせて家事の分担...

≫続きを読む

 

育児休暇中看護師の「あれをしておけばよかった」その2

育児休暇中、復帰後の働き方をイメージしながら看護師としての日々を組み立てることは、ブランクを気にせず働くための第一歩です。育児をしながら看護師で働くことは、想像以上にハードな毎日が待っています。出産前までの一日の流れとは異なることを想定しながら、準備を進めるようにしましょう。まず、復帰後もフルタイム...

≫続きを読む

 

看護師の夜勤が怖い理由

看護師にとって超えなければいけない大きな山が夜勤です。夜勤に対するたくさんの怖さや不安を克服してこそ、一人前の看護師としてキャリアを積むことができます。もちろん、ベテランの看護師であっても、緊張感を伴うのが夜勤ではありますが、新人や入職して年数の浅い看護師にとっては、眠れないようなことだってあるでし...

≫続きを読む

 

看護師の夜勤の72時間ルールについて

看護師として働くとき、必ずぶつかる壁が夜勤の問題です。入院病棟を持つ病院に就職した場合、夜勤が必ずついてまわります。看護師の高収入の要素の一つともなっている夜勤は、看護業務をハードにさせているものですが、看護師に過酷な労働をさせないようにするために設定されているのが、夜勤の72時間ルールです。夜勤の...

≫続きを読む

 

看護師不足と潜在看護師について

医療機関では、勤務する看護師の数がますます減少していることが、深刻な問題となっています。救急病院や入院病棟では、常に人手不足の状態が続いており、少ない看護師が走り回っている姿を目にしたことがあるのはないでしょうか。看護師不足は、基本的に全国的な問題で、数万人単位でのニーズがあるといわれています。同じ...

≫続きを読む

 

ブランクあり看護師の復職体験談

ここでは、以前看護師として働きながらも、結婚・出産・子育てを経験され、一旦は離職。その後、再度看護師として復職された方の体験談をご紹介します。ブランクあり看護師の復職体験談その1:このまま専業主婦として一生を過ごすのも・・・看護師資格を持っていると仕事が手に入りやすい、というのは世の中でもよく知られ...

≫続きを読む