育児と看護師職場復帰を両立させた体験談

育児と看護師勤務を上手く両立させることの出来た方の体験談

体験その1:看護師が育児と仕事を両立させるには・・・

看護師として働いていますが、子供がまだ小さいので、仕事と育児の両立は非常に難しく感じています。
やはり、せっかく看護師としての資格をとったからには、少しでも生活のため、自分自身のスキルアップのために働きたいと思うのですが、育児をしながら働き続けるということは、子供の体調や子供の行事に左右されやすいので、勤務の調整が難しいのです。

 

私の場合は、子供が生まれてから一年休みましたが、やはり看護師として働きたいし、生活も金銭的に潤ったものにしたいので、職場復帰を選択しました。

 

私の勤めていた病院は託児所付きで、若い看護師も子供を預けながら働いていたので、何か病気になってもお互い様といった感じで、早退もさせてもらったり休ませてもらっていました。

 

実際のところ、他の子供を持たないスタッフからはどう思われていたか分かりませんが、それでもこうした状況を自分たち自身で作っていくことが、育児と仕事を両立しやすい環境にしていくということにつながるのだと思いながら、人の目はあまり気にしないようにしていました。

 

そうした面からも、職場に託児所併設されている病院は、看護師にとって強い味方です。

 

職場でのコミュニケーションが取れていることで、より安定した育児と仕事の両立につながります。ですが、子供がいるから優先されて当たり前、といった姿勢で仕事に臨むことはしません。

 

もちろん、他の人が困っている時は、率先して勤務を代わるなど自分に出来ることは積極的に行います。そういった気遣いが、コミュニケーションをとるということだと私は思っています。

 

もちろん家庭でのパートナーの理解と協力は不可欠です。特に、夜勤をこなす職場であったら、パートナーが、家事や育児を積極的に行わなければ、両立が難しいケースが多くあります。

 

私は、職場復帰をしたい旨を伝えると同時に、どういった方法で仕事と育児を両立させたいのか、またどういったことをサポートしてほしいのかを、しっかり伝えることにしました。とことん話し合って、お互いがお互いを支えるということに納得した上で、家事と育児が今両立できています。なので看護師でも職場と家族に感謝を忘れず、当たり前と思わないことが仕事と育児の両立につながります。

 

 

体験その2:子育てのゆとりができて決意した看護師への復職

看護師として病院勤めを長くやってきていると、周囲の人の話を聞いても、自分のやっている仕事内容を考えても、子育てとの両立は難しいと実感させられてしまいます。
仕事も子育てもどちらも中途半端になってしまうよりはよいだろうと、子供が生まれたときには、看護師の仕事を辞めて育児に専念することにしました。

 

せっかく看護学校に通って看護師になったものの、もう仕事をすることはないのだなと思うと少し寂しい気もしたのも束の間であり、子供が生まれると、育児に追われる毎日を過ごして、気づいたら10年以上が経過してしまっていました。

 

子供が小学校高学年ともなると、一人でお留守番もできるようになり、子育てもずいぶん余裕をもって行えるようになってきました。そのときにふと思ったのが、病院への復職も可能かもしれないということでした。

 

若い頃のように忙しい勤務は難しくても、少しゆとりのある待遇が得られるのであれば、復職して再び看護師としての仕事をしながら、充実した日々を過ごせるかもしれないと考えたのです。

 

もともと努めていた病院が自宅に近いということもあり、看護師長に直接連絡をして、復職できるならしたいという話をしたところ、現場としてもありがたいという話をいただくことができました。

 

実際には中途採用枠で求人募集に応募するという手続きをとることになりましたが、トントン拍子で話は進み、速やかに復職することができました。

 

子育てに支障がないように、日勤専門の看護師として採用してもらうことができたので、基本的には早朝から夕方までの勤務を行うことができ、夜には、子供や旦那と団らんする時間も取れるという贅沢な待遇で働くことができました。

 

今は子供も育ってしまったので、夕方は早く帰らなければならないということもなくなりましたが、こういった緩やかな生活に慣れてしまったので、同じ待遇で仕事を続けさせてもらっています。仕事をしていることで毎日が充実し、子育ての費用もまかなえるので、復職させてもらえてとても助かっています。

 

 

体験その3:病院看護師と育児を両立させる待遇交渉

看護師として病院で働いていくという場合には、結婚して子供を産むということになると、どうしても仕事を続けていくのが難しいというのが、よく知られていることでした。

 

病院看護師として働いていると、一般の人が企業で働くときのような、9時から17時といった定時で働くということが難しく、保育園に子供を預けてもなかなか予定した通りに保育園に子供を迎えに行くこともできないからです。
土日に出勤することも多く、夜勤も頻繁に回ってくることから、育児のために仕事をやめざるを得ないだろうと考えていました。病院に託児所があるとはいえ、育児と仕事を両立していくことは体力的にも不安があり、子供ができたときには退職をしようと思っていました。

 

しかし、いざその話を看護師長に相談した際に、現場で働ける有能な人材が不足しているからなんとか仕事を続けてほしいと言われました。土日出勤や夜勤についての話をすると、その点に関して交渉をすれば、待遇を変えてもらえる可能性があるというのです。

 

確かに最近は、夜勤専従看護師を雇ったり、土日に働く派遣看護師を採用したりしてその負担が軽減されてきているのは事実でした。その流れをくめば、夜勤や土日出勤のない待遇を受けることも可能かと思い、実際に交渉に出てみることにしました。せめて夜勤だけでもなくなれば、規則的な生活を送ることも不可能ではないため、育児との両立ができる可能性が出てくると思ったからです。

 

実際に、中途採用枠では、そういった待遇での採用が行われていたこともあって、比較的容易に交渉は成立しました。人材不足の影響もあって、土曜日については、勤務日もある形になりましたが、夜勤がなく、日曜出勤と残業も基本的にはないという条件で雇用してもらえるようになり、時間的にも体力的にも余裕を持てるようになりました。

 

そういった成果のおかげもあって、託児所を利用して育児と仕事の両立が実現でき、やりたい仕事をしながら子供を育てることができています。

 

 

ブランクあり看護師復帰TOPへ

 

育児と看護師勤務を上手く両立させることの出来た方の体験談関連ページ

出産を控えていつまで働けるか?
出産が分かって産休を取る場合の職場への報告とそのタイミング、そして出産を控えていつまで働けるか等についてご紹介します。
育児休暇について
育児休暇とは、子供が1歳に達するまでの間、休業が認められる制度です。1年という限度がありますが、職場への復帰先を確保したうえで、わが子と一緒に過ごすことが出来る制度ですので、働く女性にとっては心強いですね。
復職に向けての活動
育児休暇も残すところあと数か月となりました。あと数か月すると育児休暇が終了し、職場へ復帰することになります。スムーズな復職にそなえ、事前に準備しておくことは?
家事の分担
育児に対するご主人との家事の分担は、実際に子どもが生まれてみると、当初の話し合いのように上手くは行きません。そんな時、心がけておきたいポイントとは?
子供の急な発熱・病気
子供が病気になった時に休みにくいという理由で、看護師を退職するケースもあるほどで、急な発熱や病気にどう対応していくかは、復職後の看護師にとって仕事を続けられるかどうかにも係わる重大事です。
保育所・ベビーシッターを選ぶポイント
育児をしながら看護師を続けるにあたって、もっとも大切なのは、勤務中の子供の預け先です。復職前に、自分の病院や働き方を考えて、保育所やベビーシッターを選ぶことがポイントです。
職場は子育てに協力的?
子育てをしながらの看護師の復職は、多かれ少なかれ職場の仲間に負担を分担してもらうことになるため、良好な関係を築いて柔軟な働き方を実現できるよう、サポートしてもらう必要があります。
非常に有難い協力的な職場
育児を続けながらの職場復帰も、看護師のワークスタイルが多様化する中で、以前よりスムーズに運びやすくなりました。せっかく苦労して手にした国家資格、そして看護師としてのキャリアを、出産や育児の後も生かすことができるのは、本人にとっても社会にとっても大きな意義を持ちます。
出産育児一時金と出産手当金
子育てをするなかで、出産以降、さまざまなお金が掛かります。こうした子供を持つ家庭の、家計負担を少しでも減らすためにあるのが、出産や育児に当たって支給される手当金や給付金です。
育児休暇制度
結婚から出産を経て、子育てをしながら仕事を続けたい看護師にとって、育児休暇制度を活用することは、復職への道を安定させるために欠かせません。