看護師の育児事情:出産を控えていつまで働けるか?

出産を控えていつまで働けるか?

看護師の育児事情:出産を控えていつまで働けるか?

 

 

待望のおめでた発覚。新たな家族の誕生に心ウキウキの気分と共に、出産後も看護師としての仕事を続けたい方にとっては、仕事のことを考えると喜んでばかりはいられません。

 

出産を迎えるまでの間、職場とのスムーズな関係を保つためにも、職場への妊娠報告は早めに、そして産休はいつから取る予定か、育児休暇はどうするかなど、ご主人と早目に相談しておきましょう。

 

 

 

妊娠がわかれば、その時点で速やかに職場へ報告するようにしましょう。
妊娠初期は、つわりで苦しむことが多いことに加え、胎児の状態も不安定なので無理なことはできません。早目に職場へ報告を行い、周囲の方があなたの妊娠のことを知っていると、シフトの変更や残業の免除といった配慮や協力をしてくれるものです。

 

 

もう一つ大切なことは、職場にとっては人員調整を行う必要があります。出産であなたが職場を離れている間の欠員の補充を行う必要があります。早く報告することによって、このような欠員に対する準備を余裕をもって行うことができます。

 

 

直属の上司への報告の際には、「出産後も今いる職場で働き続けたい」旨も伝えます。
当然、産休はいつから取るのか、育児休暇はどうするのかを聞かれますので、事前にご主人と相談の上報告しましょう。

 

産休(出産休暇)とは、産前の休業、産後の休業のことを指します。産前は6週間(多胎児妊娠の場合は14週間)、産後は8週間の休業期間のことを言います(労働基準法第65条)。

 

 

では実際にいつごろから産休を取る人が多いのかとなると、出産の2か月前まで働きたいという看護師が最多数派のようです。

 

仮に残業や夜勤が続き辛いようであれば、労働基準法で時間外労働や深夜業の免除を請求することが認められていますし、負担の少ない仕事への配置転換を希望することもできます。

 

ブランクあり看護師復帰へ戻る

 

 

 

看護師の育児事情:出産を控えていつまで働けるか?関連ページ

体験:育児との両立について
育児という問題を抱えながらも看護師としての職場復帰を叶えたいと願う方必見。先輩諸氏に学ぶ、その両立法やどうやって克服することが出来たかを赤裸々に語ってもらいました。
育児休暇について
育児休暇とは、子供が1歳に達するまでの間、休業が認められる制度です。1年という限度がありますが、職場への復帰先を確保したうえで、わが子と一緒に過ごすことが出来る制度ですので、働く女性にとっては心強いですね。
復職に向けての活動
育児休暇も残すところあと数か月となりました。あと数か月すると育児休暇が終了し、職場へ復帰することになります。スムーズな復職にそなえ、事前に準備しておくことは?
家事の分担
育児に対するご主人との家事の分担は、実際に子どもが生まれてみると、当初の話し合いのように上手くは行きません。そんな時、心がけておきたいポイントとは?
子供の急な発熱・病気
子供が病気になった時に休みにくいという理由で、看護師を退職するケースもあるほどで、急な発熱や病気にどう対応していくかは、復職後の看護師にとって仕事を続けられるかどうかにも係わる重大事です。
保育所・ベビーシッターを選ぶポイント
育児をしながら看護師を続けるにあたって、もっとも大切なのは、勤務中の子供の預け先です。復職前に、自分の病院や働き方を考えて、保育所やベビーシッターを選ぶことがポイントです。
職場は子育てに協力的?
子育てをしながらの看護師の復職は、多かれ少なかれ職場の仲間に負担を分担してもらうことになるため、良好な関係を築いて柔軟な働き方を実現できるよう、サポートしてもらう必要があります。
非常に有難い協力的な職場
育児を続けながらの職場復帰も、看護師のワークスタイルが多様化する中で、以前よりスムーズに運びやすくなりました。せっかく苦労して手にした国家資格、そして看護師としてのキャリアを、出産や育児の後も生かすことができるのは、本人にとっても社会にとっても大きな意義を持ちます。
出産育児一時金と出産手当金
子育てをするなかで、出産以降、さまざまなお金が掛かります。こうした子供を持つ家庭の、家計負担を少しでも減らすためにあるのが、出産や育児に当たって支給される手当金や給付金です。
育児休暇制度
結婚から出産を経て、子育てをしながら仕事を続けたい看護師にとって、育児休暇制度を活用することは、復職への道を安定させるために欠かせません。