看護師のお仕事、訪問看護師

訪問看護師というお仕事とは?

訪問看護とは、病気や障害のある方(以下、患者さん)の居宅を訪問し、主治医の指示に基づい行う看護で、看護師(訪問看護師)などが訪問し、必要な診療の補助や療養上の世話などを行います。

 

ここでご紹介するこの「訪問看護師」は、ブランクのある看護師の方が、再度、看護師として復帰を目指される仕事としては、非常におすすめと言えるでしょう。

 

訪問看護師について、詳しく見ていきましょう。

 

 

訪問看護師の仕事の内容とは・・・

訪問看護師は、主治医の指示に基づき、主治医と綿密な連絡を取りながら、患者もしくはその家族の方に対して、次のような心身のケアを行います。

 

■健康状態のチェックや助言
・血圧や体温、脈拍、呼吸等の測定を行い健康状態をチェックし、必要に応じて助言を行う。
・心の健康状態もチェック。必要に応じて助言も行う。

 

■日常生活の看護やケア、サポート
・食生活や排泄等のケア、療養環境の整備など

 

■体位交換、日常生活動作の訓練などのリハビリ看護

 

■心理状態のケア、服薬等のケア

 

他にも、検査・治療促進、ご家族など介護を行っている方の相談に乗ったり、助言やアドバイス、サポートなども行います。

 

 

このように、訪問看護師の仕事は多岐に渡りますが、ただ、主治医の指示書に従って「指示されたことだけを守ればいい」という心構えでは、訪問看護師に向いているとは言えません。

 

訪問看護師の仕事として、基本的な看護技術をしっかり修得することはもちろんですが、さらに、看護師としての自己決定、自己判断、自己責任、つまり、患者の方の実情をしっかり見たうえで、医師に対して新たなビジョンに基づいた指示書を提案していくことも必要です。例えば、現実には経口摂取の可能性がみられるにも拘わらず、医師の指示書通りの「点滴を行う」ことに、何の疑問も抱かないというのでは、訪問看護師に向いているとは言えないでしょう。

 

訪問診療医などを除いて、医師が指示書を出すといっても、患者本人の在宅生活の場を実際に細かく見ているケースはほとんどないと言っていいでしょう。病気や障害のある人の実情や生活環境を一番よく知っているのは、訪問看護師なのですから、どうしたら患者さんを自立に近づけることができるか、といったビジョンを主治医に伝え、指示書の改編を提案していくような姿勢も求められているのです。

 

また、患者さんの看護や介護をするだけでなく、その家族だけで世話をすることの不安を減らし、安心して在宅での生活ができるようなケアやサポートを行っていくという、質の高い看護も目指しているのです。そのような意味でも、訪問看護師の仕事は、非常にやりがいのある仕事だといえるでしょう。

 

また、訪問看護師は、病気や障害のある方の看護や介護を行うだけではありません。逆に、患者さんから生き方を教わったり、ご家族から感謝の言葉をいただいたりなど、元気をもらえる仕事でもあるのです。

 

この訪問看護師の場合は、患者さんの自宅を訪問し、一対一でのケアやサポートが中心ですので、患者さんやそのご家族とのコミュニケーションが充分図れるほか、患者さんの生活環境や家族構成等を踏まえたうえでの「その人らしい暮らし」をサポートするわけですから、非常にやりがいのあるお仕事と言えます。

 

一人ひとりの患者さんとじっくり向き合って、その人らしい暮らしをサポートしてあげたいと考える看護師の方にとっては、非常にやりがいのあるお仕事と言えるでしょう。

 

 

訪問看護師が不足している!その背景と理由。

ご存じのとおり、日本は少子高齢化社会を迎え、その高齢化という巨大な波が、日本の医療にも大きな影響を及ぼしています。

 

高齢者は増える一方。しかも、国が抱える借金はどんどん膨らんでいます。当然、医療費の削減も避けて通ることはできません。そのような中、日本の医療は、療養型病床の削減が進めら、在宅を中心とした診療を積極的に推進していく方向に向かっています。そうなると、訪問看護のニーズは、今後ますます増えていくことが当然のごとく予想され、そこで地域医療を担う重要な役割として、この訪問看護師に対する期待は、益々高まっているのです。

 

しかし、訪問看護師が今後も不足し続ける理由は、これだけではありません。もともと看護師の数が不足しているのはご存知だと思いますが、看護師と言えば、病院に勤務する看護師と思われ、訪問看護師の認知度がまだまだ低く、訪問看護師に対する理解がなされていないというのが実情ともいえるでしょう。

 

 

 

訪問看護師になるメリット

結婚・出産・育児等の理由で看護師としてのお仕事からしばらくの期間離れていた方が、もう一度看護師に復帰しようと思われる際、不安に思われる主なこととして、
■最新の医療・看護技術についていけるか?
■育児と看護師としての両立が可能か?

 

といった点が挙げられるでしょう。

 

訪問看護師の場合、上記のとおり、在宅での診療や介護が中心です。求められるのは、最新の医療・看護技術というよりも、主治医とのコミュニケーション、患者さんやそのご家族の方々とのコミュニケーション能力が重要となります。最初は、戸惑いもあるかもしれませんが、やりがいのある仕事ですので、復帰を目指される看護師の方には、おススメのお仕事と言えるでしょう。

 

勤務条件面でのメリットも多くあります。

 

訪問看護師は、主に、訪問看護ステーションで働くことになります。
一般の病院勤務に比べると、給料の水準が比較的高いところが多いようです。現状では、この訪問看護師の数が不足しているということもあり、時給が高いところも多いようです。

 

また、勤務体系も結構柔軟で、土日が休みの訪問看護ステーションも多かったり、フレキシブルな働き方ができるというのも魅力と言えるでしょう。育児と看護師との両立に悩んでおられる方にとっては、おススメのお仕事と言えると思います。

 

さらに、この訪問看護師という職業は、看護師としての判断力向上や、患者さんとのコミュニケーションの取り方などスキルアップを図ることができます。また、訪問看護を通じて、ケアマネージャーや保健師などの認定資格の取得を目指すことも可能です。

 

 

訪問看護師の職場の見つけ方

訪問看護師の求人を行っている訪問看護ステーションを見つけるといっても、ご自身で行うには限界があります。知人や友人等の紹介があれば別ですが、訪問看護ステーションがどこにあるのか、自宅から一番近いステーションはどこか、勤務時間、給与などの勤務条件等を細かく知るには、限界があります。

 

そこで活用して頂きたいのが、TOPページにも掲載している【看護師求人・転職支援サービス】。

 

このサービスを提供している会社のキャリアパートナーが、ご自身の希望等をお聞きしたうえで、最適な職場を紹介してくれます。このようなサービスをうまく活用することによって、就職活動に十分時間を割けないあなたに代わって、コンサルタントが色々とアドバイスしてくれます。

 

 

看護師のお仕事、訪問看護師

看護師のお仕事、訪問看護師関連ページ

大学病院で働く
大学病院で働く。知識の幅を広げていきたい、看護師としての職業にやりがいを感じ、今後も極めていきたいというキャリアアップ指向の方には、おすすめのお仕事と言えるでしょう。
中核病院や他の一般病院で働く
看護師として、中核病院や他の一般病院で働くケースも多くあります。
介護施設で働く
介護施設の場合、介護職員の方が大半という施設が殆どですので、看護師としての専門性を生かしながら、介護職の方と上手くコミュニケーションを図って、入居されている高齢者の方のQoLのサポートを行っていくことが求められている、と言えるでしょう。
ケアマネージャー
今後、介護保険事業に携わりたいとお考えであれば、ケアマネージャーという資格は、是非取得しておきたいですね。
保健所で働く
病院は、病気になった人の治療やケア・サポートが主な業務ですが、保健所は、病気にならないように予防することが主な業務。病気の予防の大切さがわかって、この保健所勤務を希望される方も多いようです。
企業で働く
看護師が企業で働くとなると、医療機器メーカー、製薬会社、治験コーディネーター、あるいは企業の医務室などが挙げられますが、最近では、この様な企業や職場以外にも、看護師が企業で活躍できる幅は広がっているのです。